01.11
2020

☆下腹のぽっこりは腹筋不要!2つの改善方法


こんにちは!

静岡県で唯一の「美骨盤」専門
骨盤リメイクパーソナルトレーナー
板倉 裕樹(いたくら ゆうき)です

知ってましたか?
下腹ポッコリを助長する原因は、
腹筋運動にあること。

これを続ける限り、
何キロ痩せても、食事制限をし続けても、
ポッコリとした下腹は定着し続けます。

腹筋運動で下腹が落ちない理由
姿勢をよく!
日常でも運動でも基本となること。
背筋を伸ばす!アゴを引く!
これらが必要なのは、
背骨の自然なアーチを保つため。

ケガの予防や痛みの予防はもちろん、
柔軟性も保たれ、
体脂肪の減りやすさにも繋がります。

しかしながら、運動で唯一、
背中を丸め、骨盤を後傾させるのが腹筋運動
言い換えると、自ら悪い姿勢、
柔軟性を狭め脂肪をつきやすくしている

ということになります。

体脂肪のつきやすい柔軟性
体脂肪は関節の動きが少ない部位に付く
傾向があります。

この背中を丸める、骨盤を後傾させる動きは
背骨ー股関節のねじれの動きを制限し、
下腹に脂肪を付けやすくしてしまいます。

結果、このまま痩せても、
最後まで下腹が落ちない、、
嫌になって暴食すると下腹から付く。
というスパイラルに陥ってしまいます。

腹筋不要!下腹から痩せる方法
年々の姿勢を保つ筋肉の低下に加え、
下腹といえば腹筋!という思い込みが
さらなるポッコリ下腹を助長する。

逆に言うと、これを知っていれば
落ちない下腹の悩みは解消できます。

それには腹筋運動は一切不要。
姿勢筋の刺激、骨盤周りの柔軟性を整える
ことが即効性もあり効果的です。

腹筋不要!下腹から痩せる方法

①両肘を掴み会い、肩の高さへ
膝を若干曲げヒップを後ろに出します。

②肘から前にスライドさせるイメージで
脚の付け根から曲げていきます。
3秒キープして15回目安に繰り返しましょう。

肘を肩と同じ高さで前屈
→姿勢筋の低下で出てくる
背中の丸まり、骨盤の後傾が改善され
自然に伸びた背筋、まっすぐ立った骨盤
変わっていきます。

体脂肪は原則として、
全体的に増減する性質があるため、
柔軟性が整っていれば、
残ることなく下腹も減っていきます。

腹筋の何百倍も、
ポッコリ下腹を解消する効果があります。

痩せても落ちず、太ると真っ先に付く、、
そんな下腹に最も悩んでいる、、

あなたはご参考にしてください。