04.19
2022

☆体の調子を整えると「痩せ体質」に

皆さん
こんにちは!

コンディショニングトレーナーの
板倉裕樹です!


「早起き」
 
起きてすることがない。
始めの2〜3日はゆっくりできることに
メリットも感じていたけど、
それが続くと逆にストレスに。。

上手く、動くこと、休むことの
自律神経の切り替えができなくなり
気持ちも不安定になってくる。
すると、食べてことと動くことのバランスも
当然崩れてくるもの。

今日は今になりこれらの影響を
直に受けているあなたへ。
身体の調子の良さを取り戻し、
自律神経のバランスを整える方法です。



動くこと、休むこととストレスの関係
心と身体に最もストレスが少ない状態。
それは生体時計と自律神経の
バランスが整っている時。

例えば、
・朝陽が昇る時間帯に
生体時計から睡眠ホルモンの生成が減る
→自律神経の交感神経が優位になる
・目が覚めてから13時間後に
生体時計から睡眠ホルモンが高まる
→自律神経の副交感神経が優位になる



もちろん1日の中で何度が揺れ動くものですが
大きく言えばこの2つの場面が基準になる。
これまでの生活では、朝起きて活動し、
夜は家でリラックス。
このリズムが当たり前だったけど、
今は朝から崩れてしまうことも。。

基準が分からないと不安になるように
生体時計と自律神経も
活動ルーティンが変わってしまうことに
大きな不安とストレスを感じます。。





ストレスが身体に与える悪影響
このように外部からのストレスではなく
自己の中から起こるストレス。
なかなか対処方法も見つからず
どうしていけば良いか分からないもの。
すると身体に起こるのは
ストレスホルモンの分泌です。



このストレスホルモンは
ダイエットにおいては大きな敵。
・筋肉の分解を優位に進めてしまう
・食欲ホルモンの分泌を増やしてしまう
これらにより、筋肉量が減り食欲が増える。
=太りやすく痩せづらい体質、
が毎日の中で進んでいってしまいます。

では今の状況下、
これをどう解消していけば良いのか??
そのためにできるのは、

「生体時計と自律神経のバランスを整えること」

単に食事を我慢したり、動くように!
と心がけたとしても、
なかなかこの根本ストレスは無くならない。
今必要なのは、環境変化やストレスに対し
身体を適応させていくことです。



身体の調子の良さ!は痩せやすさに直結!
生体時計と自律神経が整うと、
睡眠の質やホルモン分泌も正常に。
気持ちの安定ホルモン、満腹ホルモン等
ストレスや食欲の対策の根本になります。



そしてこの整え方は、
冒頭に挙げた朝と夜の時間に工夫をすること
具体的には、寝る前にこれから寝る。
という刺激を身体に送り、
起きた時にこれから1日の活動が始まる!
という刺激を身体に送ること。

活動と精養のシグナルにより
交感神経と副交感神経、
安定ホルモンー睡眠ホルモン、
これらを繋げることができれば
無意識に増えるストレスも軽減していきます
二次的に起こる筋肉の分解や食欲の増加
その対策の前に、
それを起こさせない根本的な知識。
今日も一緒に学んでいきましょう!

身体の調子の良さ!は痩せやすさに直結!
まず夜寝る前に

○脇周りを伸ばすストレッチ

https://youtu.be/uUQ0fcoS-SQ

 

バランス良く全身!するよりも、
必要なことだけに絞っていきます。
ストレッチで睡眠の質が高くするためには
日常ストレスに強い筋肉を緩めていくこと。

リラックスと反対の交感神経優位の時
身体は緊張やストレスに対し
肩、背中、太もも、ヒップを緊張させます
反面、ここが緊張したままだと、
交感神経優位が続いてしまい
が睡眠の質、寝つきが悪くなってしまう。

つまり身体が睡眠モードのリラックスに
切り替わっていないということ。
そのためここではこれらの緊張筋を
メインに緩めていきます。


これが生体時計にも自律神経にも
これから活動!というシグナルになり
切り替えのバランスが整っていきます。


こうして起こるストレスに対策できれば
筋肉の分解や食欲の増加等の
今の時期に起こりやすい状況を
回避していくことができる。

自粛のせいでの気持ちの不安定、
見えない不安やダイエットのこと、
これら内からくるストレスを
しっかり整えていけること。
どんなエクササイズよりも
まず知っておきたいことです。



自分のストレスに対する対策を作り
それを知識として持っておくこと。
周りが変わっても自分は変わらない。
強いメンタルを作ることとも言えます。

ダイエットはもちろん、日常の行動や思考も
9割が自分のメンタル次第で変わること。
だからこそしっかりと自分を律し、
保っていくことが大切です。
是非お試しください。


日々何もしなくてもストレスがたまる、
それが向かう先は、
人に対してだったり、食欲だったり、
人間関係も体型のことも
マイナスになってしまっている、、
そんなあなたはご参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。